睡眠薬の種類は? | 長く続く頑固な不眠症は睡眠薬を使って改善しよう!

睡眠薬の種類は?

睡眠薬を使う男性

不眠症にはそれぞれ種類がありますが、どのタイプの不眠症にはどんな睡眠薬を選べばいいのかわかりませんよね。
睡眠薬にも不眠症と同じように4つの種類があり、それぞれ得意としている不眠症のタイプがあります。
睡眠薬を選ぶときは自分の不眠症のタイプに合っている睡眠薬を選び、服用するようにしましょう。

睡眠薬の種類で最も手にされているのが超短時間型と短時間型の睡眠薬です。
超短時間型の睡眠薬は服用してから30分以内に効果が現れる即効性のある睡眠薬で、入眠障害に特に有効です。
短時間型は服用してから1時間以内に効果が現れる特徴があり、入眠障害と中途覚醒に効果を発揮します。

中時間型の睡眠薬は服用してから2時間以内に効果が現れ始める睡眠薬で、中途覚醒と早朝覚醒に効果的です。
ですが、効果が現れるまでの時間が長いため、寝付きが悪くなってしまう入眠障害に対してはあまり効果を発揮してくれません。

長時間型が名前のとおり最も効果が長く、体内で分解される速度も遅いという特徴があります。
翌日までしっかり効果が続いてくれるので早朝覚醒に対して最も効果的です。
しかし、効果が長く続くので翌日の日中にも眠くなってしまうことがあるので注意が必要です。
また、長時間型も中時間型の睡眠薬と同じように入眠障害には向いていないので、入眠障害に困っている人は超短時間型か短時間型の睡眠薬を選びましょう。

どのタイプの睡眠薬を選んだときでもいえることですが、睡眠薬を飲んでからも活動を続けるのは危険なので、睡眠薬はあとは寝るだけという状態になってから服用しましょう。
睡眠薬を飲んでからも活動を続けていたら眠気やふらつきなどによって怪我をしてしまったりする危険があります。